遍路

たった1日歩く日が雨 区切り遍路29日目大移動

足摺岬大月ルートの締めくくり 区切り遍路28日目②からの続きです。

 

お山さん「次回の遍路は、ずっと晴れだから雨具は持っていかなくていいよね」

俺「1泊だけの遍路だから、晴れるなら要らないね」

 

旅前日。

お山さん「明日は晴れだね」

俺「台風の影響が無くて良かったね」

 

そして、昨日の16時に、

四国の最西端三崎港に上陸して、そこから目的地の愛媛県との県境にある高知県宿毛市へ南下する。

 

徐々に強まる雨。

 

おい、お山、雨じゃねぇか。

天気予報を見ても今晩から明日に向けて、

 

雨。

 

どうしよ。

悩ませたのは、雨具を持ってきてないこと。

こいつらのも。

俺達の雨具はコンビニで買えばいいのだ。

しかしコイツラの雨具がコンビニで手に入るはずも無いし、濡れたら臭い風邪をひいては困る。

まぁ、一晩寝て晴れるという奇跡を信じよう。

 

お山さん「南無大師遍照金剛…、南無大師遍照金剛…、南無大師遍照金剛…」

 

俺(あーあ、明日雨確定やな。俺の真似してコイツが読経してもな…)

この前キャンプした咸陽島公園キャンプ場で1泊。

山の上にある椰子の湯はお山さんの言う通り良かった。

いや、それよりも一夜明けても雨。

広いオーストラリアで何故か宿毛だけが雨。

晴れと言う奇跡は起きなかった。

今回はどうしても前回の続きを歩きたかったのに…。

宿毛駅から39番札所までを繋げなくては月山神社ルートも未だに歩き切ったと言えず、そして、アラフィフさんと歩いた宇和島の先にある”道の駅みま”まで少しでも距離を縮めたかった。

何よりも、ここを済ませとけば、宿毛駅から39番札所間の打戻(来た道をそのまま戻る片道約8km)と言う気分的に鬱になることをクリアして次に繋げられるし、その後に控えてる篠山がグッと楽になる。

篠山もまたこの前紹介した一の鳥居から40番札所を片道約8km打ち戻った上に、そこから更に遠くにあり、篠山を越えた後から宇和島までもまた遠回りとなるわけだ。

 

話が長くなったが、そこまで強い雨にはならなそうだから、

俺「宿毛を歩いて次に繋げようか」

 

お山さん「歩かない」

 

雨から逃げる自称へんらーのお山さん

昨日、わざわざ宿毛まで約400kmと船で70分も移動し、さて、我々は雨から逃げて何処へ向かうのだ?

以上、四万十市から御伝えしました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA